成人期の発達障害

大人の発達障害の中では、社会的な生活の中で、その「生きづらさ」が、指摘されたりすることがあります。発達障害をもつ子供たちが、成人してからも「発達障害」などを持つことによって、社会的なルールを守ることが苦手であったり、日常生活や人間関係のスキルを身につけることができないことで、社会的に疎外感を感じてしまったり、友人や恋人、職場などでの人々とのコミュニケーションを、うまく築き上げることができなかったりすることがあるようです。大人の発達障害は、幼少期からみられた「特性」が、家族や学校などでみつけることができずに、見過ごされてきたことによって、社会的に自立するような成人期において、「大人の発達障害」として、その「特性」が現れることがあるようです。大人の発達障害の中には、本人が生活していく上で、社会的な生きづらさを感じることが多くあると言われています。職場やプライベートにおける人間的な対人関係性の中で、ルールをうまく守ることが出来なかったり、周囲の人々が、怪訝に思ってしまうような行動を、起こしてしまうこともあるようです。多くの場合本人としては、故意や悪意を持って行なっている行動ではないので、身近な人々から注意を受けるまで、職場などで浮いてしまっているような、本人の特性をもった行動や状況に、気づくことができないことも少なくないようです。

発達障害と人々

発達障害を持つ人々の特徴として、周囲の空気が読めないと言ったような傾向が見られるようです。相手の表情やしぐさなどから、気持ちを読み取ることが難しいなどともされています。周囲との関係性の中で、コミュニケーションがうまく行えないというような、問題を抱えることがあるようですが、特に、日本社会の中では、空気を読むことを、重んじられたり、ストレートに言葉で表現することを、避けたりするような国民性もありますので、発達障害を持つ人々にとっては、相手の気持ちを理解する上で、困難な環境にあるとも言えるのかもしれません。発達障害を持つ人々とのコミュニケーションを図る中で、簡単にわかりやすいように、説明を行ったり会話をすることが大切だと考えられています。発達障害をを持つ人々は、周囲との間で生じるコミュニケーションのズレなどから、神経を多く使う場面が多く見られ、日常的に疲れ切ってしまっている傾向も見られると言われています。相手の言っている意味がうまく汲み取ることができなかったり、言葉の表現の過ちから、相手を怒らせてしまったり、コミュニケーションがスムーズにいかないことで、精神的な負担や、不安を抱えてしまったり悩んでいることも少なくないようです。

発達障害をもつ子供たちとのコミュニケーション

発達障害を持つ子供たちに対して行うサポートは、 否定的に行われるのではなく、肯定的に行われるべきだと考えられているようです。子供達が、間違ったことを行ってしまったり、できないことをできるようにサポートする際に、否定的な言葉で働きかけを行うことは、返って彼らを混乱させてしまうこともあるようです。

発達障害を持つ子供たちの多くは、相手の言葉やコミュニケーションに対して、想像力を働かせたり、相手の立場に立って物事を考えることが苦手であることが多いようです。頭ごなしに大きな声で、怒鳴ってしまったり、注意することで、本人たちが、一体何に怒られているのかが、理解することが難しく、さらにパニックを起こしてしまうこともあるようです。

発達障害を持つ子供たちが、パニックを起こしてしまうと、てんかんを起こしてしまったり、大きな声で鳴き始めてしまったりすることで、さらなる問題点を生み出してしまう可能性もあります。本人たちとしては、何に注意を受け、何をすればいいのかが、分からなくなってしまうことがあるようです。子供達が何か間違った行いをしているのであれば、いつもりの声のトーンや、口調で、簡素に分かりやすく説明を行ってあげることが大切であるようです。

「読み書き障害」

「発達障害」と呼ばれる、脳の機能の一部などに見られる「障害」は、その「特性」から様々な分類分けなどがされています。その中の一つに、「学習障害」などと呼ばれる、学校教育などの中での 、学習において困難を見せる特性があります。学習障害は、「 Learning disability 」などと呼ばれ 、子供たちの学習的な障害を表しているようです。学習障害の主な「特性」と呼ばれるのが、「読み」「書き」などに困難が現れることです。「読み書き障害」などとも呼ばれ、学校教育の中で は、周囲の子供達と、学習能力の差異が顕著に表れることで、本人の自信を失ってしまったり、劣等を感じてしまう子供たちもいるようです。読み書きが困難な障害を持つ人々のことを、ディスレクシアなどと呼びますが、ディスレクシアには、「先天的な脳機能障害」と「後天的な脳の障害」が原因とされるものの二つの分類があります。子供達における発達障害などと呼ばれる、「学習障害」は、「先天的な障害」を示しています。「後天的な学習障害」としては、脳梗塞や脳出血または、交通事故やその他の怪我や外傷などから、後天的に、「脳」に障害を抱えてしまうような人々に見られるようで、学習障害を持つ子どもたちの中には、読む書くことが苦手なだけではなく、授業中の先生の話を聞くこと、また、先生から問いかけられたことに対して話をしたり、回答したりすう事なども含まれ、自分自身を言葉によって、様々なコロ柄を表現したりすることが苦手である子供達がいるようです。「読む・書く」の他には、計算をしたり、物事を推測したり、推論したりするなど を行うことが苦手であったりすることが多いようです。ですから、学校教育などの中では、国語・算数・理科・社会・英語などの教科全般に対しての苦手意識を持ってしまったり、学習能力として、周囲との差異が大幅に見受けられてしまうようなこともあるようです。学習障害は、全般的に、知的な発達の遅れはないとされています。学習に必要な基礎的な能力が著しく乏しく、その原因としては、脳や中枢神経の何かしらの機能障害などが考えられているようです。学習障害を持つ両親などは、自分自身のしつけや、教育が間違っていたのではないかなどと考える人もいるようですが、学習障害は先天的なものですから、両親による「しつけ」や「教育」に影響を受けるものではありません。

発達障害の特性「感覚・感情・運動」

発達障害において、「感覚」「感情」「運動」という場面でも、認められる障害の特性があります。「感覚」の特性としては、とても敏感だったり、逆にまったく鈍感だったりする事が挙げられます。その為、独特な感覚の受け止め方をしている可能性があるという事を、周囲の人は理解しておく必要があると思います。続いて「感情」についてですが、感情コントロールが上手くできないという事が挙げられます。その為、失敗したり、初めての事や苦手な事に取り組む時に混乱してしまったり、攻撃的な行動をとったり、周りの大人が共感できない行動をとってしまう場合があるのです。そして、その感情がいつまでも長引いてしまうという事もあります。こうした時は、本人を落ち着かせると同時に、周囲の大人の落ち着いた対応が必要となってきます。そして「運動」の特性。一生懸命にやっているのに上手く模倣できない・姿勢が保てずに崩れてしまう・手先が不器用だったりしてものの操作が上手くできない事などが挙げられます。こういう場合があると、周りの大人は知っておく必要があります。

発達障害と発明家エジソン

「発達障害」を考える中で、歴史的人物に出逢う事があります。皆さんは、電球を発明した「エジソン」はご存知ですか?トーマス・エジソンは、数々の残された逸話から、「発達障害」をもっていたのではないかと考えられています。トーマス・エジソンは、1847年に生まれ、1931年に没するまでに、1000以上の発明を成し遂げたと言われています。また、それぞれの発明は、現代の世の中には、無くてはならないものばかりで、世界中の多くの人々が、トーマス・エジソンの発明の元に文明的な暮らしが実現できているのです。トーマス・エジソンが、「発達障害」であったと言われる所以には、彼のおかしな行動などの記録に残されています。

小学校に就学した、トーマス・エジソンは、その一風変わった発言や行動で、先生の言う事をまったく聞かずに、周囲の子どもたちの様子からは、だいぶ浮いたような存在であったようです。授業中に、授業内容に疑問が湧くと、周囲の子どもたちの様子はおかまいなしに、先生に質問をし始めます。質問攻めにされた先生は、授業を進行する事ができずに、とうとうある日、トーマス・エジソンに向かって「君の頭はくさっている」などと発言をしてしまったようなのです。そのような問題ばかりの学校生活は、3ヵ月ほどしか続かず、トーマス・エジソンは、学校に行く事をやめ、独学で勉強をしはじめたとの事です。

このような、トーマス・エジソンについて語られる逸話は、「発達障害」における、特徴やクセが随所にみられ、エジソンが残したであろう手紙などの文書には、誤字脱字が多く決してお世辞にも上手な文章であるとは言い切れないような内容であったようです。数々の歴史的な発明を行ったトーマス・エジソンは、文字を書くことが苦手な「発達障害」をもちながらも、世界中の人々をビックリさせるような歴史的な発明を成し遂げたのです。

「発達障害」と「療育センター」の関わり

「発達障害」は、その「障害」をもつ本人や、「障害」を支える家族や周囲の人々の、「発達障害への理解」が重要な役割を果たしているようです。最近では、地域の公的施設の中の「療育センター」などで、子どもたちの成長を支援するような輪が広がりつつあります。

「療育センター」は、公の取りきめの中で、その体制や在り方が明確に定められていない事もあり、地域によって様々な働きを行っているようなのですが、障害のある子どもたちを支援するような活動を行っていながらその家族へのサポート活動も同時に行っているようです。「発達障害」は、今まで、あまり世の中に知られていないような「障害」でしたので、その「理解」が、まず何よりも周囲でサポートする家族にとって大切な事になってきます。

世の中の「発達障害」への偏見をなくすには、人々の「障害」への理解が大変大きな「鍵」となってくるのです。「療育センター」では、作業療法士や臨床心理士、理学療法士、言語聴覚士などの専門職員が、子どもたちや、家族に、個別によるサポートを行う事で、支援を行っています。それぞれの地域には、在籍する専門職員などのサポート体制が異なるようなのですが、「発達障害」における早期発見、早期療育が大切であるというような方向性から、様々なサポート体制が設けられている機関のようです。