子供たちへの理解

発達障害は、その特性から 「ASD (自閉症スペクトラム障害)」 「ADHD (注意欠陥・多動性障害)」「 LD (学習障害)」などといった形で分類が行われています。これらはあくまでもその特性に見られる分類ということになり、発達障害を持つような子供達が個々に、それぞれに当てはまるというわけではありません。彼らの障害は、それぞれの分類された特性が重複していることなどが見られ、その特性のあり方を見極めることが、周囲の大人たちによって必要とされているようです。発達障害を持つ子どもたちの特性は、稀に「個性」などといったような表現を扱われることもありますが、実際には、日常生活をする上で、生活がしにくいということであって、日常生活を送れないということではないという点に注意して、私たちはサポートを行っていかなくてはなりません。発達障害を持つ子供たちは、独特な感性や感情を表に出すことで、周囲とのズレが生じているようです。その独特な感性や感情のあり方を、周囲の 大人達は受け止め、理解してあげることが、まずは何よりも必要であるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です