発達障害の捉え方

発達障害は、脳の機能の違いなどと言われていますが、私たち人間は、脳の情報処理のおかげで、今自分が置かれている環境や、しなくてはならない行動などの状況判断を行っています。その状況判断が、少し他人や社会的にズレた方向性や、ユニークな考えを持って行動してしまう子供たちを、発達障害を持つ子供達などと呼んでいるそうです。その行動や、特徴を観察しながら、ある程度の発達障害の分類が行われています。その分類として 「ASD (自閉症スペクトラム障害 )」「ADHD (注意欠陥・多動性障害)」「LD (学習障害)」などの大まかなカテゴリー分けがされているようです。 現在。日本社会の中でメディアなどで。大きく取り上げられている発達障害ですが。そのほとんどはその社会性からハズれてしまうような行動を、問題視しているような内容もありますが、その能力が大いに発揮できる場では、ユニークな発想や、独創性をもった優れた能力を発揮する事もあるようです。発達障害は、1面から見ますと、とても問題視するような観点が、ありますが、反面とても優れた能力を発揮できることもあるという部分を周囲の人間は理解しなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です