学習障害と「集団生活」

発達障害の中の「学習障害」を持つ子どもたちの中には、図形の認識が、特に得意とするような子供達もいるようです。三角形の面積を求めたり、箱の体積を求めたりするようなテストなどが苦手であったり、図形の特徴などを把握する際に、向きが変わってしまうと、全く何を表している図形であるのかが分からなくなってしまうことなどもあるようです。「学習障害」を持つ子供たちは、先生の話を聞くことが苦手であったりするので、同じ事を何度も訪ねてしまったり、先生から注意を受けたとしても、何も注意されたのかさえもわかっていない子供達もいるようです。小学校などの集団生活の中で先生から人前で注意を受けたり、言葉のないようの理解ができないことから、何度も何度も同じ質問をしてしまうことで、周囲の子供たちからからかわれてしまうような子達もいるようです。そのような経験を幼少期の「トラウマ」などとして、成人を迎えるまで心の傷として抱いている人々も少なくないなどと言われています。幼少期に受けてしまったトラウマは、成人してからも本人たちの成長過程における自己肯定の欠落などにもつながってくるようです。「発達障害」を持つ子供たちには、本人の努力の問題などではなく生まれながらにして、持っている脳の障害が原因であることなどを、本人も含め周囲の人々が適切に理解をすることが大切であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です