成人期の発達障害

大人の発達障害の中では、社会的な生活の中で、その「生きづらさ」が、指摘されたりすることがあります。発達障害をもつ子供たちが、成人してからも「発達障害」などを持つことによって、社会的なルールを守ることが苦手であったり、日常生活や人間関係のスキルを身につけることができないことで、社会的に疎外感を感じてしまったり、友人や恋人、職場などでの人々とのコミュニケーションを、うまく築き上げることができなかったりすることがあるようです。大人の発達障害は、幼少期からみられた「特性」が、家族や学校などでみつけることができずに、見過ごされてきたことによって、社会的に自立するような成人期において、「大人の発達障害」として、その「特性」が現れることがあるようです。大人の発達障害の中には、本人が生活していく上で、社会的な生きづらさを感じることが多くあると言われています。職場やプライベートにおける人間的な対人関係性の中で、ルールをうまく守ることが出来なかったり、周囲の人々が、怪訝に思ってしまうような行動を、起こしてしまうこともあるようです。多くの場合本人としては、故意や悪意を持って行なっている行動ではないので、身近な人々から注意を受けるまで、職場などで浮いてしまっているような、本人の特性をもった行動や状況に、気づくことができないことも少なくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です