発達障害と人々

発達障害を持つ人々の特徴として、周囲の空気が読めないと言ったような傾向が見られるようです。相手の表情やしぐさなどから、気持ちを読み取ることが難しいなどともされています。周囲との関係性の中で、コミュニケーションがうまく行えないというような、問題を抱えることがあるようですが、特に、日本社会の中では、空気を読むことを、重んじられたり、ストレートに言葉で表現することを、避けたりするような国民性もありますので、発達障害を持つ人々にとっては、相手の気持ちを理解する上で、困難な環境にあるとも言えるのかもしれません。発達障害を持つ人々とのコミュニケーションを図る中で、簡単にわかりやすいように、説明を行ったり会話をすることが大切だと考えられています。発達障害をを持つ人々は、周囲との間で生じるコミュニケーションのズレなどから、神経を多く使う場面が多く見られ、日常的に疲れ切ってしまっている傾向も見られると言われています。相手の言っている意味がうまく汲み取ることができなかったり、言葉の表現の過ちから、相手を怒らせてしまったり、コミュニケーションがスムーズにいかないことで、精神的な負担や、不安を抱えてしまったり悩んでいることも少なくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です