発達障害をもつ子供たちとのコミュニケーション

発達障害を持つ子供たちに対して行うサポートは、 否定的に行われるのではなく、肯定的に行われるべきだと考えられているようです。子供達が、間違ったことを行ってしまったり、できないことをできるようにサポートする際に、否定的な言葉で働きかけを行うことは、返って彼らを混乱させてしまうこともあるようです。

発達障害を持つ子供たちの多くは、相手の言葉やコミュニケーションに対して、想像力を働かせたり、相手の立場に立って物事を考えることが苦手であることが多いようです。頭ごなしに大きな声で、怒鳴ってしまったり、注意することで、本人たちが、一体何に怒られているのかが、理解することが難しく、さらにパニックを起こしてしまうこともあるようです。

発達障害を持つ子供たちが、パニックを起こしてしまうと、てんかんを起こしてしまったり、大きな声で鳴き始めてしまったりすることで、さらなる問題点を生み出してしまう可能性もあります。本人たちとしては、何に注意を受け、何をすればいいのかが、分からなくなってしまうことがあるようです。子供達が何か間違った行いをしているのであれば、いつもりの声のトーンや、口調で、簡素に分かりやすく説明を行ってあげることが大切であるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です