「読み書き障害」

「発達障害」と呼ばれる、脳の機能の一部などに見られる「障害」は、その「特性」から様々な分類分けなどがされています。その中の一つに、「学習障害」などと呼ばれる、学校教育などの中での 、学習において困難を見せる特性があります。学習障害は、「 Learning disability 」などと呼ばれ 、子供たちの学習的な障害を表しているようです。学習障害の主な「特性」と呼ばれるのが、「読み」「書き」などに困難が現れることです。「読み書き障害」などとも呼ばれ、学校教育の中で は、周囲の子供達と、学習能力の差異が顕著に表れることで、本人の自信を失ってしまったり、劣等を感じてしまう子供たちもいるようです。読み書きが困難な障害を持つ人々のことを、ディスレクシアなどと呼びますが、ディスレクシアには、「先天的な脳機能障害」と「後天的な脳の障害」が原因とされるものの二つの分類があります。子供達における発達障害などと呼ばれる、「学習障害」は、「先天的な障害」を示しています。「後天的な学習障害」としては、脳梗塞や脳出血または、交通事故やその他の怪我や外傷などから、後天的に、「脳」に障害を抱えてしまうような人々に見られるようで、学習障害を持つ子どもたちの中には、読む書くことが苦手なだけではなく、授業中の先生の話を聞くこと、また、先生から問いかけられたことに対して話をしたり、回答したりすう事なども含まれ、自分自身を言葉によって、様々なコロ柄を表現したりすることが苦手である子供達がいるようです。「読む・書く」の他には、計算をしたり、物事を推測したり、推論したりするなど を行うことが苦手であったりすることが多いようです。ですから、学校教育などの中では、国語・算数・理科・社会・英語などの教科全般に対しての苦手意識を持ってしまったり、学習能力として、周囲との差異が大幅に見受けられてしまうようなこともあるようです。学習障害は、全般的に、知的な発達の遅れはないとされています。学習に必要な基礎的な能力が著しく乏しく、その原因としては、脳や中枢神経の何かしらの機能障害などが考えられているようです。学習障害を持つ両親などは、自分自身のしつけや、教育が間違っていたのではないかなどと考える人もいるようですが、学習障害は先天的なものですから、両親による「しつけ」や「教育」に影響を受けるものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です