発達障害の特性「感覚・感情・運動」

発達障害において、「感覚」「感情」「運動」という場面でも、認められる障害の特性があります。「感覚」の特性としては、とても敏感だったり、逆にまったく鈍感だったりする事が挙げられます。その為、独特な感覚の受け止め方をしている可能性があるという事を、周囲の人は理解しておく必要があると思います。続いて「感情」についてですが、感情コントロールが上手くできないという事が挙げられます。その為、失敗したり、初めての事や苦手な事に取り組む時に混乱してしまったり、攻撃的な行動をとったり、周りの大人が共感できない行動をとってしまう場合があるのです。そして、その感情がいつまでも長引いてしまうという事もあります。こうした時は、本人を落ち着かせると同時に、周囲の大人の落ち着いた対応が必要となってきます。そして「運動」の特性。一生懸命にやっているのに上手く模倣できない・姿勢が保てずに崩れてしまう・手先が不器用だったりしてものの操作が上手くできない事などが挙げられます。こういう場合があると、周りの大人は知っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です