「発達障害」と「療育センター」の関わり

「発達障害」は、その「障害」をもつ本人や、「障害」を支える家族や周囲の人々の、「発達障害への理解」が重要な役割を果たしているようです。最近では、地域の公的施設の中の「療育センター」などで、子どもたちの成長を支援するような輪が広がりつつあります。

「療育センター」は、公の取りきめの中で、その体制や在り方が明確に定められていない事もあり、地域によって様々な働きを行っているようなのですが、障害のある子どもたちを支援するような活動を行っていながらその家族へのサポート活動も同時に行っているようです。「発達障害」は、今まで、あまり世の中に知られていないような「障害」でしたので、その「理解」が、まず何よりも周囲でサポートする家族にとって大切な事になってきます。

世の中の「発達障害」への偏見をなくすには、人々の「障害」への理解が大変大きな「鍵」となってくるのです。「療育センター」では、作業療法士や臨床心理士、理学療法士、言語聴覚士などの専門職員が、子どもたちや、家族に、個別によるサポートを行う事で、支援を行っています。それぞれの地域には、在籍する専門職員などのサポート体制が異なるようなのですが、「発達障害」における早期発見、早期療育が大切であるというような方向性から、様々なサポート体制が設けられている機関のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です