学習障害(LD)と子どもたち

「学習生涯(LD)」は、【読む】【書く】【話す】【聞く】【計算する】などの、学習に必要な能力に苦手な分野がみられる発達障害の事を言います。知的な発達に遅れはみられなくとも、物事を学習していく部分に苦手要素がみられることもあります。

「学習障害(LD)」=「Learning Disabilities(ラーニング・ディスアビリティ)」と呼ばれます。

学校のクラスメイトの中に、授業中、「おちつきがない」「先生の話を良く聞いていない」「皆とのルールを守れない」「忘れ物が多い」といった特徴のある子がいませんでしたでしょうか?

「学習障害(LD)」をもった子は、日本の学校のクラスに1人前後ほど、いるようなデータが出されています。

 

最近、発達障害についての情報が、様々なメディアで紹介されつつある事もあり、多くの人々に、その名称が広がりはじめましたが、まだまだ、発達障害への理解は十分だとは言い切れません。

「学習障害(LD)」をもった子どもたちは、なまけているわけではなく、知的な発達の遅れをもっているのではないのですが、同年代の子どもたちから比較すると、文字の覚えが悪かったり、計算が苦手であったり、先生や親の言っている事をきちんと聞く事が難しい症状があるのです。

様々な学習能力の、苦手度合いは、個人々によって多様な分野に偏りはあるのですが、その子どもたちの苦手分野に沿った、学習方法をもってサポートする事で、彼らのペースで学習能力が少しずつでも身に付く事が分かっています。ですが、その発達や学習力の偏りが治癒するような変化が起きる訳ではありません。

「学習生涯(LD)」をもつ子たちと接する時は、苦手な分野に気づいてあげる事と、同様に得意な分野に気づいてあげられる事が重要です。苦手な分野を克服したり、サポートする為に、得意な分野を活かす方法もあるからです。